子供の教育費はかなりの支出であり、奨学金に全て頼るのではなく、学資保険の保険金を利用するなど、早いうちに計画的に積み立てるほうがいいです。

教育費には学資保険がベスト!
教育費には学資保険がベスト!

子供の教育費は学資保険の保険金で

子供の養育費は、住宅、老後の資金と並ぶ人生の三大出費の一つです。
特に大学への進学を考えている場合、それまでの貯蓄が十分でない場合には、本人が希望するところへ進学することができなくなる可能性もあります。
仮に国公立の大学へ進学したとしても、最も学費負担が少ない文系の自宅生ですら、4年間で500万円はかかるといわれています。
これが私立の大学で下宿生の場合は2倍近い学費を覚悟しなければなりませんし、医学部や薬学部への進学であれば、6年間勉強しなければなりませんし特殊な研修もあるため、毎月の負担がさらに重くなります。
これらを貯金の取り崩しなしに毎月負担しようとすると、最も費用負担の少ない文系国公立大学の自宅生でも月々10万円を超える出費となります。
さらに、入学時には入学金がかかりますし、下宿をするとなれば家財一式、敷金礼金などであっというまに数十万円の一時金が出て行ってしまいます。
仮に住宅ローンなどが残っていれば、到底支払える金額ではありません。
また、年の離れていない兄弟が同時に大学へ進学した場合には、よほど収入が無ければ生活が破綻するのは目に見えています。
こういった状況の救済措置として、奨学金や学資保険の保険金があります。

学費貸与制度

奨学金は独立行政法人や国、自治体などが行っている学費貸与の制度で、貸与額や貸与元によって有利子、無利子の差はありますが、ほとんどの場合全額を卒業後に返済しなければなりません。
そのため、これを利用することは子供に借金をさせることとなり、返済が滞れば通常の借入と同様に信用情報に記載され、数年間ローンが組めなくなると言ったリスクもあります。
これに対し、学資保険は子供が小さく、生活費の負担が軽いうちから決まった額を積み立てる保険で、毎年の保険料控除の対象になる上、保険金を受け取るときは戻り率が100%を超えるという非常にありがたい制度です。
満期以前に解約すると元本割れしてしまうため、あまり無謀な額の積み立てはお勧めできませんが、子供が生まれてすぐにこの保険をかけておけば月々の負担も僅かで済みますし、保険金の受け取り時期も選ぶことができるので、困った時の大きな支えになります。
全額を学資保険でまかなうことは難しいかもしれませんが、ある程度積み立てをしておけば、たとえ奨学金を利用しなければならなくても、借入額を抑えることができます。
また、親に万一のことがあった場合、その後の保険料の支払いが免除になるため、貯蓄よりも安震度は高くなります。

Copyright (C)2014教育費には学資保険がベスト!.All rights reserved.